早期でほぼ無症状? 意外と知らない肺がん検診について

ハート形の雲と虫眼鏡

 

肺がんは、早期ではほぼ無症状で、病状の進行とともに、咳(せき)、痰(たん)、血痰、発熱、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状があらわれます。

肺がん検診は、男女ともに40歳以上は年に1回、受けましょう。

 

今回は、そんな肺がん検診について説明します。

 

 

肺がん検診の方法

 

肺がんの予防には禁煙が何といっても重要で、検診の効果は限られています。

肺がんの検診方法として“効果がある”と判定されているのは「胸部エックス線検査」と、さらに喫煙者には「喀痰細胞診(かくたんさいぼうしん)」を組み合わせた方法です。

 

「喀痰細胞診」は、単独では行いません。

検査対象となるのは、50歳以上で、喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が600以上の方です。

現在喫煙している人だけではなく、過去に喫煙していた人も対象になります。

 

痰を吐く男性

 

【胸部エックス線検査と喀痰細胞診の併用】(“効果あり”=○)

「胸部エックス線検査」は、肺全体のエックス線撮影です。

「喀痰細胞診」は、主に喫煙者を対象として「胸部エックス線検査」に併用して行います。

喀痰を採取して、気管支などのがんから痰に混じって出てくるがん細胞の有無を、顕微鏡で観察します。

 

喫煙者などに発生する太い気管支の扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんなどは、この検査で診断をつけられることがあります。

「胸部エックス線検査」と「喀痰細胞診」の組み合わせによる検査の感度(がんがある人を正しく診断できる精度)は、70%前後です。

 

レントゲンを見る人

 

【胸部CT検査】(“効果不明” =△)

CTスキャナーと呼ばれる検査装置の寝台に横になり、エックス線を用いて検査します。

1回息を止めている間に、肺全体を連続的に撮影することが可能で、ミリ単位で画像を作成します。

 

 

 

 

肺がん検診の精密検査

 

胸部エックス線検査(一部は喀痰細胞診併用)では、約3%が「精密検査が必要」という判定を受けます。

この場合、必ず精密検査を受けることが求められます。

精密検査の方法は、CT、気管支鏡などがありますが、その方法は「疑わしい病変の部位」と、「悪性の可能性の有無」により選択されます。

 

【胸部CT検査】

病変が疑われた部位を、CTによって詳しく撮影します。

このため造影剤を注射したり、検査に時間がかかることがあります。

 

【気管支鏡検査】

気管支鏡を口から気管支に挿入して、病変が疑われた部位を直接観察します。

必要に応じて細胞を採取し、悪性かどうかを診断する検査を行うことがあります。

 

 

肺がん検診の結果を受けて・・・

 

[検査で異常なしの場合]

40歳以上の方は、年1回、胸部エックス線検査による肺がん検診を受けましょう。

 

[精密検査でがん以外の病気が指摘された場合]

治療が必要か、経過観察が必要かを、担当医と相談してください。

治療や経過観察が必要な場合には次回のがん検診は不要ですが、担当医の指示に従って、必要な検査を受けてください。

検診の間隔は年1回のため、気になる症状がある場合には、次回の検診を待たずに医療機関を早期に受診しましょう。

 

医師の説明

 

検診は、症状がない健康な人を対象に行われるものです。

がんの診断や治療が終わった後の検査は、ここでの検診とは異なります。

 

 

出典

国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方向けサイト 「がん検診について」

 

監修:佐藤祐造(医師、愛知みずほ大学特別教授・名古屋大学名誉教授)