優良な健康経営を行う法人の証 「健康経営優良法人」

健康経営優良法人ロゴ

 

 

20213月に、弊社は経済産業省と東京証券取引所が共同で選定している「健康経営銘柄」 に選定されました。

 

また、経済産業省と日本健康会議が共催する健康経営優良法人認定制度における「健康経営優良法人2021」にも4年連続で認定されました。

 

健康経営銘柄の盾

 

健康経営優良法人認定証

 

今回は、「健康経営優良法人」について紹介します。

 

 

健康経営優良法人とは

 

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を評する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」

として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

 

本制度では、大規模の企業等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定しています。

 

「健康経営優良法人」に認定されると、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」

として社会的な評価を受けられます。

また、「健康経営優良法人」ロゴマークの使用が可能となります。

さらに、健康経営優良法人に認定された法人のうち、健康経営度調査の結果が上位500以内に該当する法人を「ホワイト500」として認定しています。

 

 

 

 

健康経営優良法人の認定について

 

健康経営優良法人に認定されるには申請が必要です。

以下の図は、20219月現在、申請が開始されている【健康経営優良法人2022】の申請から認定までの流れです。

 

申請から承認までの流れ

(資料出所:経済産業省)

 

大規模法人部門で定められている認定要件は、大きく分けると以下の5つになります。

 

  • 経営理念・方針
  • 組織体制
  • 制度/施策実行
  • 評価/改善
  • 法令順守/リスクマネジメント

 

中小企業法人部門でも同様の認定要件となっていますが、必須の項目や評価方法などが大規模法人部門と一部異なります。

法人規模がどちらになるかを確認した上で、申請を行いましょう。

 

 

最後に

 

本サイトでは、今後も健康経営に関する様々な情報を発信予定です。

また、弊社では、健康に関する様々な情報を「ヘルス×ライフweb」、妊活や育児などに関する様々な情報を「ママケリーweb」にて発信しています。

 

参考

経済産業省HP 健康経営優良法人認定制度

経済産業省HP 健康経営優良法人の申請について