虫歯予防

    特定感染症保険

     

    皆さんは、お口の健康と体の健康が関連することをご存知でしたか?

    自分の歯で、しっかり食べ物をそしゃくすることが体の健康にとても重要なことなんです。

    今回は、大切な歯の予防についてのお話です。

     

     

    歯医者は虫歯が痛くなってから行くところ

     

    虫歯と少女

     

    日本人の多くが思っている歯医者あるある。

    実は、この考え方が大変古いものであることをご存知でしたか?

    欧米では、虫歯は治療するものではなく、予防をするものとなっています。

    そのため、歯医者へ行くのは、治療ではなく、プラークコントロールなどの予防のため。

    日本でも、こうした動きが出始めています。

     

     

     

     

    子どもの虫歯予防は、“マイナス1歳”から!

     

    食事をする赤ん坊

     

    生まれてくる子供の「虫歯」が心配なパパ・ママは約9割。

    そんなママやパパにぜひ伝えたいのが、“マイナス1歳からはじめる虫歯予防”。

    実は、産まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには虫歯菌がいません。

    ご飯を食べるときにお箸やスプーンを共有したり、「大好きだよ~」とチュウをするときに、周りの大人の虫歯菌が進入してしまいます。

    虫歯は、ヒトからヒトへ感染するものなので、生まれる前から、周りのオトナが虫歯コントロールをしていれば、安心なのです。

     

     

     

     

    家族みんなで、思いきりかわいがれるように

     

    1. まずはママのお口の状態をチェック

      虫歯を治療はもちろん、歯周病もチェックしましょう。

    2. 正しい歯磨きの方法を身につける

      正しい歯磨きでプラークコントロールを身につけましょう。

    3. キシリトールを摂取する

      つわりが治まった頃からキシリトールガムを食べ続ければ、赤ちゃんが産まれる時期には悪玉菌がかなり減ります。

      もちろんママだけでなく、パパ、おばあちゃん、おじいちゃんも同じようにお口の環境を整えておきましょう。

     

    ヘルスライフアプリでは、健康情報リンクからお役立ち情報→医療→「ははは」トークをご覧いただくと多くの日本人が勘違いしている“歯の常識”。

    実は虫歯を治すだけじゃない、歯医者さんのヒミツ。

    お口のなかの知られざる仕組み……などなど、最先端のむし歯・歯周病予防が分かるサイトへつながります。

    もちろん、全国の最先端歯科医院の検索機能もあります。

    身近な疑問でもある「キシリトールはどれを選んだらいいの?」

    「歯周病って体の病気と関係あるの?」などにもしっかり回答しています。

     

     

    出典

    「はははトーク」 NPO法人最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    ドクターがすすめる日々の健康管理法。
    毎日の健康管理はヘルスライフで歩数を確認することから。