水を求める犬

    特定感染症保険

     

     

     

    のどが渇くのは・・・

     

    何もしていなくてもおなかは減りますね。

    それと同様に、何もしていなくても、のどは渇きます。

    何故でしょうか?

     

    平均的な大人の場合、一日あたり尿で1,500ml、便で100mlの水分が失われます。

    また、皮膚からも水分が蒸発します。

    これを不感蒸泄といい、呼吸によって失われた水分とあわせて900mlになります。

    単純に合計しても一日2,500mlが生きているだけで失われます。

     

    水を飲んでいる女性

     

    一方、人の体内では、糖質、タンパク質、脂質をエネルギーに換えるときに水分が一日300mlほど生成されます。

    生成される水分との出納は、マイナス2200mlです。この水分を食べ物と飲み物から摂取しなければなりません。

     

    また、通常の人より汗をかく仕事の人、よくしゃべる人は、この2200mlよりも多くの水分を必要とします。

     

    のどが渇いてからでは遅いのです。

    人が生きていくには、意外にもたくさんの水分が必要ですね。

     

    ただ、水分の中には体調管理、調節に必要なミネラルなども含まれているので、必要な量は摂取しましょう。

    のどの渇きは「のどが渇いた」と感じたときには、体内は水分不足状態になっています。

    のどの渇きを覚える前に、こまめに水分補給するのが理想です。

     

    水3本

     

     

    出典

    栄養学一年生 宝島社

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    日々の生活をヘルスライフで見直そう。

    今日の歩数は、明日の筋肉に変わるかもしれない。