酒飲んだ二人

    特定感染症保険

     

    お酒をたくさん飲む方、ご飯を食べすぎてしまう方、大事な臓器「肝臓」のことを労わってあげていますか?

    今回は、影で頑張って働いている消化器「肝臓」の役割についてお話します。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

     

    肝臓は【巨大な化学工場】

     

    肝臓は、臓器の中でもっとも大きく、重さは成人の場合1~1.5㎏程度あります。

     

    人体模型
    人体模型図。中央濃い部分が肝臓です。

     

    主な働きは、代謝、解毒、胆汁の生成・分泌、さらに細かくみると500種類

    例えるなら、大きな化学工場です。

    この化学工場(肝臓)のおかげで、私たちは体に悪いものを排除したり、食べ物の栄養素を使える形にして貯めておき、必要な時に使うことができます。

     

     

     

     

    働き者で我慢強い【沈黙の臓器】

     

    肝臓

    肝臓は、多少の事では無症状で働き続ける為、気づいた時には大変な状態になっている事も!?

     

    肝臓は予備力を持ち、正常な肝臓の場合、手術で70%程度切除しても正常に働きます。

    そのため、少しの事では泣き言を言わずに(無症状で)働き続けるので、症状がでる頃には深刻な病状であることも多いのです。

     

     

    無症状のうちに早めの対処を

     

    肝臓病の原因の多くは、肝炎ウイルスによるものですが、最近では生活習慣により起こる脂肪肝も増えています。

    脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が異常に蓄積した状態です。

    「アルコールの飲みすぎが原因でしょ。私はお酒飲まないから大丈夫。」と思っているあなた。

    実は脂肪肝には飲酒習慣がなくても、エネルギーの取りすぎでおこるNASH(ナッシュ/非アルコール性脂肪性肝炎)という病気もあるのです。

    また、症状がないからと放っておいたら、肝臓の機能を果たせなくなった状態(肝硬変)に移行してしまうこともあります。

    created by Rinker
    ゼリア新薬
    ¥3,271 (2022/05/12 19:10:11時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

     

    頑張り者の肝臓を大切に

     

    暴飲暴食を控えるだけでもオーバーワークが減り、肝臓の本来の機能を取り戻せます。

    お酒の適量は1日平均純アルコールで約20g程度。純アルコール量は摂取量(ml) × 度数または % / 100 × 0.8(比重)で求められます。

    例: ビール500ml(5%)の場合 20(g)=500(ml) × 0.05 × 0.8

     

    食べ過ぎてしまう人は、食べる量を減らすのではなくエネルギ摂取量を減らすことを目指してみてください。

    具体的には、炭水化物やタンパク質ばかりではなく野菜、海藻類、こんにゃく類などを意識して取りましょう。

    あなたの大事な肝臓が健康的に働ける環境を整えて、毎日を元気に過ごしましょう。

     

     

    出典

    矢沢サイエンスオフィス『人体のふしぎ』Gakken/健康おきなわ21