コロナウイルス

    特定感染症保険

     

    全国で、新型コロナウイルスワクチン接種されましたが、ウイルスそのものの猛威は止まっていません。

    日本全国でも患者数の記録が更新され、「誰が感染していてもおかしくない」と自治体首長がメディアで発言するなど物議を醸しだしています。

    今回は、新型コロナウイルス感染症の潜伏期間について調べてみました。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

     

    感染から発症までどれくらい?

     

    気になるのは、「感染から発症までどれくらいかかるのか?」ですよね。

    知らない間に他人に移してしまうことがあったり、クラスターの原因になってしまったり・・・心配ごとは絶えません。

    そのため、今回参考までに感染してから発症までの期間を調査してみました。

     

     

     

     

    感染がわかるまでは10日前後

     

    感染から発症までどれくらい?

     

    罹患(病気がうつること)から発症までは、10日前後と言われています。

    10日前後と期間があるのは、以下のような要因が影響するためです。

    ・個人の体力

    ・個人の免疫力

    ・新型コロナウイルスのタイプ

     

    もともと病気がある人と元気な人では、病気の進行が違うように発症の仕方も違います。

     

    また、参考文献によって考えられる潜伏期間もバラバラで、なかなか「何日からが発症です」とは言い切れない状況です。

    ・「10日前後」(新型コロナウイルス感染症 診療の手引きCOVID-19 第3版)

    ・「潜伏期は、約 5⽇で最⻑14⽇程度」(医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応)

    ・「平均して5〜6日で、1〜14日の範囲」WHO(世界保健機関)

     

     

     

     

    目安として

     

    WHOや日本の厚生労働省では、「14日隔離」を基準にしています。

    14日症状がない、重症化しないようであれば、「だいたい大丈夫かな?」という考え方です。

     

    ただ、この基準も「絶対ではない」ものであり、一つの目安です。

    心配な症状があれば受診してPCRなどの検査を受けましょう。

     

    大切なのは、まずは予防をすることです。

    ・人の多い場所へ行かない

    ・マスクをする

    ・手洗いをする

    ・日頃から元気でいる

     

    これが、予防の基本です。

    完璧な予防方法はありませんので、個人個人が注意して「かからない、うつさない」に注意をしましょう。

     

    【気になる環境の消毒用に】

     

    医療機関でよく見かける健栄製薬さんの商品です。

    スプレー式がおすすめです。

     

    消毒というのは、本来、手指のみでなく、全身にスプレーするほうが効果的ですので全身にシュッシュッとスプレーしましょう。

    また、色落ちなどに注意しながら、家具やカバン、服、靴などにも利用できます。

    どこで、新型コロナウイルスにくっつかれて帰宅したかわからないので、スプレーシュッシュッは個人的におすすめしたい方法です。(賛否はあります)

     

    また、高価なものやアルコールにアレルギーのある方には使用をお控えください。

    用法は注意書きなどをよく読んでご利用ください。

     

     

    こちらは、医療用の消毒用エタノールです。

    採血するときや注射をするときに肌を消毒するものと同じもので、医療機関で使用されているものです。

    サイズは、1人分がワンパックになっているので、利用しやすく、バックの中に入れておくと便利です。

     

     

    なお、この商品は医薬品です。

    アルコールでかぶれる方には利用できません。

     

     

    参考

    新型コロナウイルス感染症 診療の手引きCOVID-19 第3版

    ⼀般社団法⼈ ⽇本環境感染学会 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第 3 版

    国立感染症研究所 国立国際医療研究センター 国際感染症センター 新型コロナウイルス感染症に対する感染管理

    国立感染症研究所 国立国際医療研究センター IDWR 2020年第44号<注目すべき感染症> 直近の新型コロナウイルス感染症およびインフルエンザの状況