食事

    特定感染症保険

     

    スタミナ不足は食事改善から

     

    栄養素

     

    スタミナ不足は、 疲れやすい・精力や持久力の低下、 集中力の低下など症状の共通点は多いものの、原因はさまざまです。  

    たとえば、 朝食抜きなどが原因で糖質が不足しエネルギー不足となったり、糖質は足りていても、それをエネルギーに変えるために必要なビタミンB1が不足していたり、 たんぱく質や鉄分不足による貧血でエネルギーが全身の細胞に運べなかったりすることです。

    いずれも糖質やたんぱく質、ビタミン、ミネラルの不足が大きな原因となっているため、食欲がなくても、少量でも栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

     

     

     

     

    特に注意したいビタミンB1の不足

     

    ビタミンB1を多く含む食品

     

    夏バテは、 主に副食から摂取するビタミンB1不足によって起こります。

    ビタミンB群やビタミンC、 ミネラルは汗や尿とともに失われてしまいますが、さらに、のど越しのよい麺類や清涼飲料水などを摂りすぎると副食が不足し、いっそうビタミンB1不足となってしまいます。

    このため、夏バテ改善にはビタミンB1を中心とした充分な栄養素の補給が重要です。  

    ウナギが夏バテによいといわれるのは、たんぱく質や脂質、ビタミンAやB1、B2が多く含まれ、胃腸の粘膜を保護し、消化吸収を助けるムコ多糖体などの成分も多く含まれているためです。

    まずは、のど越しの良いものに頼らず、朝ご飯をしっかり食べることから改善しましょう。

     

     

     

     

    ポイント

     

    ① 毎食、たんぱく質と野菜を食べましょう

    ② 朝食抜き、夕食の食べすぎは禁物です

    ③ 玄米ごはん、胚芽米なとからビタミンB1をたっぷり摂りましょう

    ④ 冷たいものを食べすぎないようにしましょう

     

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    ドクターがすすめる日々の健康管理法。
    毎日の健康管理はヘルスライフで歩数を確認することから。