お茶

    特定感染症保険

     

    ほうじ茶とは

     

    ほうじ茶は煎茶、緑茶と同じく、茶の木の葉で作られます。

    風味が違っているのは、その製法の違いです。

     

    煎茶は、日本でもっとも一般的に飲まれている緑茶です。

    細く、丸く、よれていて、針のような形状が特徴。

    嗜好に応じてブレンドされ、種類も豊富。

    うまみと苦みのバランスを重視したものが多いです。

    煎茶は摘まれた新芽の生葉を蒸して、揉んで熱乾燥します。

     

    ほうじ茶はさらに、その煎茶や番茶などを強火で炒って作ります。

    香ばしい香りとともに、スッキリとした飲み口となっています。

    カフェインが少なめで、刺激が抑られたやさしい口当たりが魅力です。

     

     

     

     

    “ストレスフリー”で人気

     

    ほうじ茶の人気が高まっているようです。

    ほうじ茶飲料のトップメーカーの伊藤園によれば、ほうじ茶飲料市場は、06年の約60億円から昨年は5.8倍の約340億円まで12年連続で拡大したとのこと。

    2017年から清涼飲料やカフェなどで、相次いで商品化されており、コカ・コーラシステムも2018年から「綾鷹 ほうじ茶」(525mlPET)を発売。

     

    ほうじ茶人気の理由は、昔からなじみのある刺激の少ない香ばしい味わいと、比較的カフェインが低めであること。

    それが安心感とリラックス感につながり、ストレスフリーなイメージを持つことから、他の無糖茶に比べて、女性の支持が高いということです。

    仕事をしながら、リラックスする時などに飲まれているようです。

    最近では、こだわりの“加賀棒ほうじ茶”や“ほうじ茶ラテ”への注目も高まり、話題化も図れてきました。

    女性の社会進出とともに、ほうじ茶の拡大も続きそうです。

     

     

    ほうじ茶リラックスの秘密

     

    2013年金沢工業大学心理情報学科の学生が、ほうじ茶のリラックス効果を「サイエンス・インカレ」で発表しました。

    お茶を飲むと「ホッ」とするという行動から、お茶には人をリラックスさせる効果があるのではないかと考え、お茶に含まれる香気成分が、人間にどのような効果をもたらすかについて、化学的・心理学的側面から調べました。

    結果、ほうじ茶に含まれる香気成分の中でも、フルフラール(はちみつのような甘い香り)と、香ばしさを引き立てる酸化物(脂肪臭、揚げ臭)がリラックス効果をもたらしていることを突き止めました。

    お茶を飲むと「ホッ」とするのは、科学的にも解明されつつあるのですね。

     

    あったかい飲み物

     

     

    ほうじ茶の成分

     

    日本食品標準成分表(本表)し好飲料類で調べたところ、ほうじ茶は煎茶と比較して、ビタミン類は低くなっています。

    あまり変わらないのはカリウムでした。

    そのほかには、カフェインが低くなるという情報が多いのですが、煎茶とほうじ茶のカフェイン含有量はどちらも100gあたり0.02gで変わりはありませんでした。

    煎茶と同量のカフェインを含んでいるので、就寝前の飲用は控えたほうがよいかもしれません。

     

     

     

     

    PETボトルだけでなく

     

    ほうじ茶アイテムはカフェにも拡大しています。

    多くは「ほうじ茶ラテ」の形で販売されていますが、その香りと味は女性に支持される傾向があり、働く女性のリラックス効果に一役買っているようにも思われます。

     

    お茶

     

     

    出典

    一般社団法人全国清涼飲料連合会HP 

    農林水産省 aff 2017年4月号 

    金沢工業大学 心理情報学科の学生がほうじ茶のリラックス効果を「サイエンス・インカレ」で発表 

    食品産業新聞社ニュースWEB 

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    日々の生活をヘルスライフで見直そう。 
    今日の歩数は、明日の筋肉に変わるかもしれない。