東京タワーとさくら

    特定感染症保険

     

    春のやわらかな日差しと、爽やかな風が心地よい今日この頃。

    お出かけには気持ちのよい季節ですが、気を付けたいのが紫外線です。

    美容や健康の為に、春からしっかり紫外線対策をしていきましょう。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

     

    紫外線(UV)とは

     

    紫外線は太陽からの光線で、波長の違いによって、UV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類に分類されます。

    UV-C波は、地上には届いていません。

    UV-B波は、皮膚の表皮に届き、皮膚や眼に有害で、日焼けを起こしたり皮膚がんの原因になります。

    またメラニンを増加させて日焼けによるシミ・ソバカスの原因をつくります。

    UV-A波は、皮膚の深い真皮層まで届き、肌の弾力を作るコラーゲンやエラスチンを破壊するため、しわやたるみなどの肌の老化を引き起こす原因となります。

     

     

     

     

    紫外線は夏だけ気を付ければいい?

     

    月別紫外線照射量

     

    紫外線は「夏」というイメージがありますが、紫外線量は5月~9月頃までが特に多く、春から紫外線対策をしておく必要があります。

     

     

    紫外線は敵?

     

    紫外線というと悪いイメージばかりが先行しますが、実は体にとってよい面もあります。

    紫外線を浴びると、私たちの体内ではビタミンDが合成されます。

    ビタミンDは、腸からのカルシウムの吸収を高める作用を持ち、骨や歯を作るのに必要な栄養素です。

    そのため健康維持のためには、適度な日光浴も必要です。

     

     

    紫外線の皮膚への影響

     

    紫外線の皮膚への影響は、太陽にあたってすぐにみられる急性傷害と、長年にわたってあたり続けて現れる慢性傷害があります。

     

    急性傷害:水ぶくれ、他の人と比べて著しくひどい日焼け、皮膚がはれあがる、などの症状がみられたら、皮膚科医の診察をうけるようにして下さい。  

     

    慢性障害:長年日光を浴び続けていると、皮膚のシミやしわ、時には良性や悪性の腫瘍が現れてきます。

     

    お年寄りの顔や手の甲にみられるこれらの変化は、一般に加齢による老化と思われがちですが、

    実は紫外線による慢性傷害の結果であり、適切な紫外線対策により防ぐことができるものです。

     

     

     

     

    紫外線の対策方法

     

    紫外線対策として、以下のようなことに心がけましょう。

     

    • 日焼け止めを塗り、汗をかく場合は、日焼け止めをこまめに塗りなおす
    • 長袖や丈の長いズボンなど、できるだけ肌を出さないような服装をする
    • 紫外線の強い10~14時の時間帯は、外出を避けたり、日傘を使用する
    • 部屋のカーテンや窓にUV加工されているものを使用する

     

     

     

    出典

    環境省 紫外線による健康影響

    日本成人病予防協会 健康コラム

     

    ヘルスライフと目指す未来。

    小さなことを少しずつ。

    よい生活習慣を身につけることが健康への第一歩。