下腹部の痛み

    特定感染症保険

     

    今回は、「もっと早く知っていたら!」という情報や読み終わったら

    「なんだか健康になりたくなる」そんな情報をお伝えしていきます。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    男性も女性も注意!

     

    結石が発生する場所結石が発生する場所

     

    水分摂取が少ない、大量に汗をかいた時の健康トラブルといえば、「尿路結石」。

    涼しくなると、水分摂取が減ることが原因です。

    また、トイレが近くなるのが嫌で、水分摂取をセーブしている方も要注意。

     

     

     

     

    女性は、中高年からがハイリスク

     

    尿路結石とは、腎臓から尿管、膀胱 、尿道へと続く尿の通り道(尿路)のどこかにできる結石のことです。

    男性の7人にひとり、女性の15人に一人が一生に一度は発症するようです。

    尿路結石は、男性に多い病気ですが、女性が結石にならないわけではありません。

    尿路結石は、尿中のシュウ酸やリン酸と、カルシウムなどの成分が結晶化したものです。

    女性は閉経期を迎えると女性ホルモンの分泌が激減し、骨に含まれるカルシウムが血中にどんどん溶け出します。

    過剰になったカルシウムが尿中に溶け出すため、カルシウム結石を誘発しやすくなります。

    中高年の女性は、骨粗しょう症とともに尿路結石にも注意しましょう。

     

     

    石にも種類が

     

    尿路結石には、シュウ酸結石 コレステロール結石、カルシウム結石などの種類があります。

    これら、シュウ酸などは、尿中に含まれているものが集まって結晶化したものです。

     

     

    原因は食生活に?

     

    尿路結石の中で一番多いのは、コレステロール結石です。

    これは、食事中のコレステロールの摂りすぎが原因と言われています。

    また、コーヒー、紅茶、緑茶には、シュウ酸が多く含まれています。

    毎日、これらを飲みすぎると尿路結石になる可能性があります。

    また、夕食を摂ってすぐに眠ると、睡眠中に含まれていた結石の成分が結晶化しやすいため、夕食は就寝の2時間前までに済ませると良いでしょう。

     

     

     

     

    予防方法は

     

    水分補給水分摂取は、こまめに多めに

     

    自覚症状がないほど石が小さいうちに、体外に排出してしまえば問題はありません。

    そのためには、水分摂取はこまめに、多めに摂りましょう。

    また、カルシウムを摂取するときには、ほうれん草や、レタス、たけのこなどシュウ酸を多く含む食品と同時に食べるとカルシウムとシュウ酸が大便になって排泄されるためお勧めです。

    ✿結石は、再発しやすい疾患のうちの一つですが、水分摂取などに配慮していれば、予防が出来る疾患です。

    涼しくなっても、水分摂取に注意しましょう。

     

     

    出典

    Life 2018.8月号

     

    昨日より今日、今日より明日 もっと良くなるあなたの健康。

    予防法の気づきがもらえる健康コラム。

    いつもポケット中に健康コラムとヘルスライフを。