病原体の違い

    特定感染症保険

     

    インフルエンザと風邪は違う?

     

    インフルエンザと風邪は、症状が違います。

    インフルエンザでは、高熱、急な発症、全身倦怠感などの全身症状が特徴です。 

     

    一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、

    のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。

     

    発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。  

     

    一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。

    38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。

    併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。

    特に関節痛などの「痛み」が特徴になるので注意しましょう。

     

    インフルエンザと風邪の違い表

    中外製薬株式会社HP インフルエンザ情報サービスより *インフルエンザの「主な症状」筋痛→筋肉痛

     

     

     

     

    特に注意したいインフルエンザの症状と経過

     

    診察

     

    インフルエンザウイルスに感染した場合、約1~3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。

     

    続く約1~3日では、突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。

    やや遅れて、咳(せき)やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、

    腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を訴えることもあります。

    通常は、10日前後で症状が落ち着き、治癒します。

     

    「インフルエンザかな」と思ったら、すぐに受診をしましょう。

     

     

    治療方法は違うの?

     

    インフルエンザと判明し、症状が出始めてからの時間や病状から抗インフルエンザウイルス薬を使用できると医師が判断すれば、

    オセルタミビルリン酸塩(商品名:タミフル)などの処方がでます。  

     

    一方、風邪の場合には、抗菌薬などの処方がされますが、多くは、症状にあわせた対症療法のお薬が処方されます。

     

     

     

     

    予防はどうしたらいいの?

     

    手洗いうがい

     

    インフルエンザにはワクチンがありますので、ワクチン接種をしてください。

    後は、風邪の場合もインフルエンザも予防はほぼ同じで、手洗い、うがいをしっかりし菌を寄せ付けないこと。

    人ごみなどに行かないこと。

    体調管理をして、菌やウイルスに対して対抗できるからだを作っておくことです。 

     

    インフルエンザは、風邪よりも人にうつす力が強い病気です。

    そのため、インフルエンザにかかったら、早めに気がつくこと、治療をすることが他人へうつさない条件になります。  

    まずは、自分の体調管理から。

     

     

    出典

    厚生労働省HP 平成29年度インフルエンザQ&A

    中外製薬株式会社HP インフルエンザ情報サービス

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    日々の生活をヘルスライフで見直そう。

    今日の歩数は、明日の筋肉に変わるかもしれない。