医者

    特定感染症保険

     

    秋風が吹く頃になると、気になるのがインフルエンザ予防接種です。

    10月から各自治体、病院での予約や接種が開始され「冬が来るんだなあ」と感じます。

     

    今回は、よく聞かれる「予防接種はいつまでに受けるといいの?」「いつまでに受けなきゃいけないの?」についてお話します。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    インフルエンザ予防接種をするのはなぜ?

     

    インフルエンザワクチンを接種しても、今流行している新しいタイプのウイルスや感染症などを予防することはできませんが、インフルエンザワクチンには次のような多くの重要な利点があります。

     

    1.インフルエンザワクチンは、インフルエンザの病気、入院、死亡のリスクを軽減することが示されています。

    2.インフルエンザワクチンを接種することで、他の病気の患者ケアへの医療リソースを節約することもできます。

     

     

     

     

    いつ予防接種を受けるべき?

     

    ワクチン接種後、抗体が体内で発生し、インフルエンザに対する防御を提供するのに約2週間かかるため、

    インフルエンザウイルスが地域社会に広がり始める前にインフルエンザワクチンを接種する必要があります。

     

    インフルエンザのシーズンが始まる前に、秋には予防接種を受ける計画を立ててください。

    CDC(米国疾病予防管理センター:日本の厚生労働省のようなところ)は、10月末までにインフルエンザワクチンを接種することを推奨しています。

     

    日本では厚生労働省から、

    「インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えますので、

    12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。」とQ&Aにでています。

     

     

    ワクチン接種の有効期間はどのくらい?

     

    ワクチン接種による免疫の防御に有効なレベルの持続期間はおよそ5ヵ月です。

    ですから、毎年流行シーズンの前(12月上旬頃まで)に接種することをお勧めします。

     

     

    ワクチンはすぐに効果が出るの?

     

    インフルエンザワクチンは、ワクチン接種後約2週間で抗体を体内で発生させて効果を発揮します。

    そのため、流行期になってから予防接種を受けていると間に合いません。計画はお早めに。

     

    インフルエンザの予防には、ご紹介したインフルエンザワクチンの接種を行うだけでよい、ということではありません。

    普段の生活習慣も同様に重要です。

     

    とはいえ、予防法も様々な方法があり、「どれを実践すればいいの?」と思われるかもしれません。

     

    今回はインフルエンザ予防の一つである食生活から、「強さひきだす乳酸菌」でおなじみ、R-1をご紹介します。

    容量24本
    賞味期限製造日を含む16日
    保存方法10℃以下で
    保存してください

     

    <特徴>

    ・免疫力の向上、風邪予防に作用する乳酸菌(1073-R1)が含まれています

    ・体内に乳酸を作り、腸内環境を整えるブルガリア菌が含まれています

    ・1歳から飲むことが出来ます

     

    「少し濃いめのヨーグルトを飲む」といった感覚です。量もコップ半分くらいで飲みやすく、1日1本、寝る前に飲むと乳酸菌が増えやすく効果的です。

    筆者も日頃から愛飲しており、飲み続けて3年経ちますが、風邪やインフルエンザにかかっていません。

    様々な通販サイトでも「飲みやすく続けやすい」「飲み続けてから風邪やインフルエンザにかかりにくくなった」という声がよく挙げられています。

    また、「ある小学校でR-1を食べさせていたら学級閉鎖にならなかった」というニュースも報道されています。

    個人差はあるかと思われますが、効果は十分期待できる裏付けになると思います。

     

    R-1は1日1本を目安にしています。家族で飲み続けるのであれば24本はちょうどいい量でしょう。

    「24本は多すぎる!」という方、12本入りがおすすめです。

     

    また、糖質やカロリーが気になる方は【低糖・低カロリー】のR-1もあります。

     

    「いつもの味に飽きてきたな・・・」と思ったら、【ブルーベリー味】はいかかでしょうか?

     

     

     

     

    まとめ

     

    インフルエンザワクチンを接種することで、インフルエンザによる重篤な合併症や死亡を予防し、健康被害を最小限に留めますが、100%近い効果を期待することはできません。

    また、残念ながら十分な効果が現れないこともあります。

     

    予防接種を受けても「手洗い」「うがい」「社会的距離」はしっかりと守り、食事・運動など体の免疫力をあげる生活習慣も忘れずに。

     

     

    出典

    厚生労働省 インフルエンザの基礎知識(平成19年12月)

    厚生労働省HP インフルエンザQ&A

    CDC HP インフルエンザ