池

    特定感染症保険

     

    なぜ10月3日?

     

    登山は「10(と)3(ざん)」の語呂合わせです。

     

    日本アルパインガイド協会が1991(平成3)年に制定し、日本記念日協会が1995(平成7)年に認定しています。

    日本アルパインガイド協会は、この日を祝日にしようという運動も行っています。

     

     

     

     

    じわじわ人気が高くなりつつある登山

     

    「スポーツ」の種類別行動者率グラフ

    「スポーツ」の種類別行動者率(平成23年、28年)

     

    統計局の「スポーツ」の種類別行動者率を見てみると、ゴルフや野球、サッカーを抑え、登山・ハイキングが堂々の上位にきています。

    しかも、23年度調査と比較し、28年度の調査では登山をする人が増加していることもわかります。

    人気の秘密は、「インスタ映えする」ポイントが多いことから、女子人気の高まり、山での写真撮影を目的とした人の増加、キャンプ人気にあやかったファミリー登山の増加などが推測できます。

     

     

    人気の理由は?

     

    筑波山・高尾山などが人気スポット

     

    人気の登山スポット図

    人気の登山スポット「筑波山・高尾山・赤城山」などへ日帰り登山が可能で、交通機関が充実していることも理由のひとつかもしれません。

     

     

    秋の登山はイイ!

     

    秋の登山

     

    秋の登山が人気な理由として、紅葉狩りがあります。

    秋は、雨も少なく空気が澄んでいることから、遠方までの眺望が期待できます。

    また、高低差のある登山では、都会では経験できない真紅からオレンジへの紅葉のグラデーションを目にすることもあるでしょう。

     

    さらに、森林浴効果も期待できます。

    森林のもつフィトンチットは、リラックス効果のある樹木の香り成分。

    殺菌作用があり、人が吸い込むと興奮がやわらぎ、精神が深くリラックスすることが知られています。

    つい、深呼吸をしたくなってしまいますね。

    マイナイスイオンも一緒に浴びて、リラックス&ストレスフリーを楽しみましょう。

     

     

     

     

    他にも・・・

     

    自然の中には、音やにおい、きれいな花や風景など癒しのポイントがたくさんあります。

    五感で感じる自然の中で登山をしながら、森林セラピーもできてしまう。

    そんな魅力で登山をする人が増えているのかもしれませんね。

     

     

    出典

    総務省 統計局 なるほど統計学園

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    保健師便りで健康づくりポイントを伝授。保健師だよりが読めるのは、ヘルス×ライフだけ!