塗り薬

    特定感染症保険

     

    今回は、「もっと早く知っていたら!」という情報や読み終わったら「なんだか健康になりたくなる」そんな情報をお伝えしていく保健師だよりです。

     

     

    正しい塗り方ガイド

     

    病院・薬局でもらった塗り薬、市販の塗り薬をみなさんはどうやって塗っていますか?

    薬は正しく塗ることが早い治癒への近道です。

    特に、塗り薬には、種類や症状によって応じた塗り方があります。

     

     

     

     

    塗り薬の塗り方

     

    塗り薬は塗り方によって効果が変わってきます。

    塗り方については医師や薬剤師の指示を守ってください。

    ここでは塗り薬の基本的な塗り方について説明します。

     

    ①やさしく延ばすように塗る薬(一般的な塗り方です)

    アトピー性皮膚炎などでは、すり込むとかゆみが起こることがあるので、すり込まないようにしましょう。

    なでるように延ばします。子供に塗る場合には小指で塗るとやさしく塗れます。

     

    ②すり込んで塗る薬

    筋肉痛の薬はすり込んで塗りましょう。マッサージ効果も得られます。

     

    ③狭い範囲に塗る場合

    指先に塗り薬をとってから塗りましょう。患部からはみださないようにしましょう。

     

    ④広い範囲に塗る場合

    保湿剤や筋肉痛の薬などは塗りたいところに直接薬をつけて、手のひらで延ばしましょう。

    まず直接薬を点々とつけ、手のひらで延ばしていきます。

     

     

    塗る量について

     

    大人の両手のひらに塗るのに最適な量は約0.5gです。これを目安に塗る量を決めましょう。

     

    チューブから0.5gを絞り出す目安をご紹介します。

    チューブの口径は製品によって多少異なることがありますが、おおよその目安は次のとおり。

     

    ①5gチューブの場合

    人差し指の第1関節までの長さ×2

     

    ②10gチューブの場合

    人差し指の第1関節までの長さ×1.5

     

    ③25gチューブの場合

    人差し指の第1関節までの長さ×1

     

     

    塗り薬

     

     

    特に冬は注意

     

    冬は塗り薬が硬くなるので、手の甲に薬をのせ、温めて柔らかくしてから塗るようにしましょう。

     

    ①手の甲に薬をのせます。

    ②もう片方の手を上からかぶせて温めます。

    ③温まった塗り薬を広げていきます。

     

     

    塗り薬の保存の仕方

     

    塗り薬には冷蔵庫に保存しなければならないものもあります。確認してください。

    チューブには使用期限が記載されています。使用期限が過ぎたものは使わないようにしてください。(使用期限は開封前のものです)

     

     

     

     

    使用上の注意

     

    自己判断で止めないようにしましょう。

    水虫の場合、症状がなくなっても2~3ヵ月塗る必要があります。

    医師に確認してください。

     

    細菌による感染を防ぐために、塗るところや手を洗ってから塗るようにしましょう。

    塗った後は別の場所に薬がつかないように手をよく洗いましょう。

     

    健康管理アプリ「ヘルス×ライフ」はスマホで健診結果を管理します。ポケットにいつも健診結果。使えばきっとあなたも健康に関心を持てるはず。

     

     

    出典

    岩城製薬株式会社 正しく塗ってきちんと治療!!塗り薬の正しい塗り方

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。