食事

    特定感染症保険

     

    仕事にプライベートに、慌ただしい毎日を過ごしていませんか?

    日々忙しさに追われていると、ストレスやイライラの解消が難しくなりがちです。

    今回は、そんなストレス・イライラを解消する栄養素などについてお話します。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

     

    ストレスの原因とは

     

    ストレス

     

    ストレスの原因は、人や環境により様々ですが、大きく二つに分類されます。

    ① 人間関係やこころの問題など精神的なもの

    ② 環境や疲労、栄養不足などによる肉体的なもの

    そのためストレス解消には、気分転換や精神的な栄養を補うこと(休養)と、抗ストレス作用のある栄養素の十分な摂取が必要です。

     

     

     

     

    ストレス解消に役立つ栄養素

     

    ビタミンを含む食品

     

    ストレスを感じた時に消費される栄養素があります。

    それは、ビタミンCとタンパク質、そしてビタミンB群です。

    よく言われているカルシウムやマグネシウムは、不足した場合に神経を興奮させ、イライラの原因となります。

    そのため、不足に注意が必要です。

     

     

    もっと詳しく

     

    主食は、ごはんやそばが良いでしょう。

    また、ビタミンB群やマグネシウムが豊富に含まれる玄米や胚芽精米にするのもよいでしょう。

    主菜は、タンパク質とその代謝に不可欠なビタミンB6を含むカツオ、サケ、マグロ、大豆製品がオススメです。

    副菜には、ビタミンCを含む野菜をたっぷりと。

    カルシウムが豊富なモロヘイヤ、チンゲンサイ、小松菜、セロリが良いでしょう。

    スープにすると大量摂取が可能です。

     

     

    おいしく食べることでリラックス

     

    食事は、楽しくおしゃべりしながら、リラックスして摂るとよいでしょう。

    イライラ、ストレスは興奮作用がありますが、リラックスすると副交感神経が優位になり、ストレス、イライラも解消します。

    おいしく食べて、気分転換も図れます。

     

     

    就寝前に

     

    リラックス

     

    寝つきが悪い場合には、イライラ、ストレスの原因になります。

    そういう時には、温めた牛乳を少し飲んでみましょう。

    牛乳は、脳のセロトニンの材料になるので、イライラやストレスが収まる傾向にあります。

    また、カモミールなどのハーブティーにも同様の効果があります。

     

     

     

     

    ストレス、イライラを解消するには

     

    こころの問題も、肉体的な問題も、まずはゆっくりリラックスし、休養することが必要です。

    そして、ストレスに打ち勝つ強さを復活させましょう。

     

    体の疲れがストレスになることもありますが、ビタミンやミネラル不足が原因となることが多いようです。

    ふだんより野菜や果物を多めに摂取するなど、疲れたときこそ食事に注意をしましょう。

     

    こころの問題も、体の問題も、まずは栄養不足を見直すことから始めましょう。