果物

    特定感染症保険

     

     

    夏は、スイカやメロンなど糖度の高い果物がたくさん出回ります。

    冷たくして食べると夏バテの体にしみこむように元気がでるので、つい食べすぎてしまいますね。

    さらに、体を冷やしてくれるという利点があるものの、どれくらい食べたらよいのか皆さんご存知ですか?

    今回は、『簡単!手ばかり栄養法その② 果物の量』をご紹介します。

     

     

    果物についてのマメ知識

     

    果物は野菜にはない栄養がありますが、最近の果物は糖度が高いため、適切な量を摂取するのが大切です。

    果物は、出来るだけ毎日摂取したい食品です。

    食物繊維やカリウム、ビタミンCなどを豊富に含み、最近では、その抗酸化作用にも注目が集まっています。

    種類も年々、増加しており、野菜とは違った栄養素を楽しむことができる生食可能食材です

    ただし糖分が高いため、朝食摂取が推奨されています。

    一方で最近の果物は糖度が高く、中性脂肪や血糖値が上昇する原因となります。

    適切な量を摂取することが効果を挙げるコツです。

     

     

     

     

    どれだけ食べたらよいでしょう

     

    『手ばかり栄養法』では「果物は、ほどほどに食べる」と説明されています。

    具体的には、下の図のように、両手で人差し指と親指同士をくっつけて「輪」を作ります。

    その輪に入る量が一日分です。

    りんご、なし、柿、桃などは1/2、みかんは二個程度になります。

     

    手ばかり栄養法

     

     

    果物摂取の工夫を

     

    最近は、コンビニでもスムージーが買えるようになりました。

    ドライフルーツやスムージーでも、果物の栄養を摂取できます。

    健康日本21では、一日に100g以上の果物摂取を推奨しています。

     

    しかし平成29(2017)年の国民健康・栄養調査では、30代男性の果物摂取量が43.6gと最も少ない状況でした。

    一方70代では、男性も女性も150gオーバーと少し食べすぎとも感じられる結果でした。

    果物は生食だけでなく、ドライフルーツ、冷凍フルーツも推奨されています。

    特に最近若い女性が好む「スムージー」や「コールドジュース」などは、一度に大量の果物を摂取することができます。

    コンビエンスストアなどで手軽に入手出来るので、代替品としてオススメします。

     

    スムージー

     

    ドライフルーツは、貧血に効果のあるビタミンDがたっぷりと含まれるため、貧血対策としも優秀な食材です。

    特にプルーンは効果があることが知られているので、貧血の方は一度試してみてはいかがでしょうか。

     

     

     

     

    体は食べたものからできている

     

    筋肉や血液は摂取した食事から作られます。

    特に血液などは、検査結果をみれば「何をどれくらい食べているか」を推測できます。

    果物摂取が多い方は、血糖値、血清中性脂肪値に影響がでやすいので摂り過ぎに注意しましょう

    果物の食べすぎは、血糖値や中性脂肪に影響が出やすいので注意しましょう。

     

    アプリ「ヘルス×ライフ」では、血液検査の結果も管理できますよ。

     

     

    出典

    いわさきグループ「栄養指導フードモデル総合サイト」 手ばかり栄養法 指導者用解説書

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    日々の生活をヘルスライフで見直そう。

    今日の歩数は、明日の筋肉に変わるかもしれない。