空と女性

    特定感染症保険

     

    日焼けをすると・・・

     

    まぶしい日差しにはサングラスをしましょう。

    紫外線を浴びると、体内に活性酸素が発生し、皮膚細胞を酸化させてしまいます。

    活性酸素は、しみやシワの原因となるだけでなく、皮膚がんの原因となり、目に悪影響を及ぼして、結膜を傷つけたり、白内障を発症させたりします。

     

    紫外線の害を防ぐには、皮膚の健康や粘膜を保護するビタミンB2(豚レバー、牛乳、卵、いわし、ウナギなどに含まれる)ビタミンC、E、

    カロテン(緑黄色野菜に多く含まれる)、鉄、葉酸などの抗酸化作用の高い栄養素を摂ることが大切です。

     

     

     

     

    他にもこんな栄養素が効く!

     

    無敵

     

    活性酸素の除去を積極的に行います。

    植物の色素やアクの成分であるポリフェノールも活性酸素対策には効果絶大です。

    ポリフェノールとは、緑茶に多く含まれるカテキンや、ゴマに含まれるセサミノールなどが代表的なポリフェノールです。  

     

    また、カロテノイドにも、紫外線や活性酸素を除去する働きがあります。

    カロテノイドとは、トマトに多いリコピン、緑黄色野菜に多いβカロテンやルテインなどの総称です。  

    活性酸素対策以外では、肌にハリや潤いを与えて肌の健康を保つことです。

    これには、鶏手羽、レバー、カレイなどに含まれるコラーゲンを補給することです。

    肉や魚のゼラチン質には、コラーゲンがたくさん含まれています。

    主菜向きの食材ですので、野菜と合わせて食べましょう。

     

     

    参考

    あたらしい栄養学 高橋書店

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    ヘルスライフと目指す未来。
    小さなことを少しずつ。よい生活習慣を身につけることが健康への第一歩。