かかりつけ薬局&かかりつけ薬剤師とは?活用のメリットと選び方を徹底解説!

調剤薬局

「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」

という言葉を聞いたことはありますか?

 

医薬分業が進み、薬剤師も薬の専門科として

より医療や健康に関与することができるようになりました。

 

かかりつけ制度を利用することで、

自身の薬剤管理だけでなく、健康管理も任せることができます。

 

では、実際にかかりつけ薬局&かかりつけ薬剤師がどのようなものか

詳しくご紹介します。

 

かかりつけ薬局&かかりつけ薬剤師とは?どんな役割?

 

かかりつけ薬局とは、

自分が決めた専用薬局のことです。

 

どこの医療機関を受診しても、薬局を一つに決めておくことで、

複数の診療科にかかっていても

相互作用や飲み合わせ・重複投与などを

一元管理してもらうことができます。

 

 

また、かかりつけ薬剤師とは、

かかりつけ薬局に勤務している薬剤師の中から、

気に入った人を指名することで、

自分専用の薬剤師を持つことができる制度です。

 

かかりつけ薬剤師は調剤だけでなく、

患者さんの薬や健康に関するすべての情報を持つことで、

処方薬の提案から市販薬の選び方、介護用品や健康食品など

広く相談に乗ることができます。

 

かかりつけ薬局&かかりつけ薬剤師を活用するメリット3選

 

Merit

 

かかりつけ薬局や薬剤師を持つことで、

薬を一元管理してもらうことが出来るほか、

地域と連携して包括的にケアを受けられるようになります。

 

また、他にもたくさんのメリットがあります。

 

24時間体制の対応がある

 

かかりつけ薬局の中でも、かかりつけ薬剤師を指名することで、

24時間いつでも相談できる体制が整えられます。

 

かかりつけ薬剤師からは、

緊急連絡先や勤務表などの情報をもらえるため、

勤務スケジュールも知ることができ、困ったときにはいつでも相談できます。

 

そのため、休日や夜間に相談したい場合にも直ぐに薬剤師に連絡でき、

心強いサポーターを持つことが可能です。

 

副作用や飲み合わせも確認してもらえる

 

かかりつけ薬剤師は、

担当の患者さんが使用している全ての薬剤を把握しています。

 

そのため、体質も考慮し、相互作用や飲み合わせなどもしっかり確認することができます。

 

複数の診療科を受診している方には、

重複はないかなどを確認するだけでなく、

時には処方提案などを医師に行うこともあります。

 

健康食品やサプリメントまで幅広いアドバイスを受けられる

 

かかりつけ薬剤師は、処方箋を調剤するだけでなく、

患者さんの生活背景や服薬状況などを総合的にサポートしてくれます。

 

そのため、薬がしっかり飲めているか、残薬はどうかだけでなく、

使用しているサプリメントや市販薬の選び方など

幅広く把握してアドバイスをしてくれます。

 

これが決め手!かかりつけ薬局&かかりつけ薬剤師を選ぶポイント3選

 

チェック

 

セルフメディケーションも含めて、

自分の健康管理を薬剤師にも担ってもらうことは大きなメリットです。

 

そこで、失敗せずにかかりつけ薬局&薬剤師を選ぶポイントをご紹介します。

 

薬局の雰囲気を読む

 

かかりつけ薬局を決める際には、

薬局全体の雰囲気や、

事務員と薬剤師のコミュニケーションなどもよく観察しましょう。

 

薬局の機能は、

職員の連携がしっかりとれてこそ最大に力が発揮されます。

 

嫌なムードや、ピリピリした雰囲気のある薬局では、

連絡ミスや連携がとれない可能性があるため要注意です。

 

スキルの高い認定薬剤師を選ぶ

 

かかりつけ薬剤師は、

誰でもなれるわけではありません。

実務経験や、指定された研修制度を修了している

スキルの高い認定薬剤師だけがなれるものです。

 

そのため、かかりつけ薬剤師になれる薬剤師は、

そのための全ての条件を満たすために

日々自己研鑽しています。

 

かかりつけ薬剤師を選ぶ際は、

丁寧に質問に答えてくれる人や、

さまざまな知識が豊富で話しやすい人を選びましょう。

 

何度か話して、

お気に入りの薬剤師を指名するとよいでしょう。

 

立ち寄りやすい場所にある

 

かかりつけ薬局は、

コミュニケーションが上手く取れ、

信頼できる薬剤師が勤務している薬局を選ぶのがよいでしょう。

 

しかし、立地が悪いと薬をもらいに行くのが大変になることもあります。

ある程度立ち寄りやすい、

便利な薬局にするのもかかりつけ薬局を選ぶポイントです。

 

オンラインサービスと組み合わせるのもおすすめ

 

ママと赤ちゃん

 

処方箋調剤のみならず、

市販薬を上手に使いたい、漢方薬にも興味があるなどの方は、

薬剤師とオンラインサービスを組み合わせるとより便利になります。

 

クリニックや漢方薬局は敷居が高いという人には、

スマホで気軽に頼めるAI漢方(https://kamposupport.com/anshin1.0/lp/

などのサービスもおすすめです。

 

AI(人工知能)を活用した「オンライン個別相談」を利用すれば、

漢方に詳しい薬剤師が体質に合った漢方薬を見極めてくれます。

さらに、お手頃価格で自宅まで郵送してもらえます。

 

積極的にかかりつけ薬剤師を活用しよう

 

2016年からスタートしたかかりつけ薬剤師制度ですが、

まだまだ薬剤師にかかりつけという考えがない方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、24時間365日、いざというときに頼れるパートナーを持つことで、

健康相談も可能となりより安心した医療が受けられるようになります。

 

健康の不安や、副作用が心配、たくさん薬を使っているなどの方は、

積極的にかかりつけ制度を活用するとよいでしょう。

 

 

【参考サイト】

かかりつけ薬剤師・薬局とは? | かかりつけ薬剤師・健康サポート薬局PRサイト

身近な健康の相談役「かかりつけ薬剤師・薬局」を持ちましょう|厚生労働省

 

 

<この記事を書いた人>

 

ライター

あんしん漢方薬剤師

相田 彩(あいだ あや)

 

昭和薬科大学薬学科卒業。

総合リハビリテーション病院・精神科専門病院・調剤薬局の現場で漢方薬が使用される症例を多く経験。

医薬品での治療だけではなく、体質や症状に適した漢方薬を活用し根本改善を目指すことの重要性を実感する。

現在は、症状・体質に合ったパーソナルな漢方をスマホ一つで相談、症状緩和と根本改善を目指すオンラインAI漢方「あんしん漢方」でサポートを行っている。

 

●あんしん漢方(オンラインAI漢方):

https://kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=111432f3mmkr00010018