お菓子

    特定感染症保険

     

    皆さん、「おやつ」って好きですか?

    チョコレートやおせんべい、最近は種類も豊富で、目移りしてしまう楽しさもあるのがおやつですね。

     

    でも、おやつって一体なんでしょう。

     

    答えは、三食の食事以外がすべて「おやつ」です。

     

    ジュースもビールも「おやつ」なんですね。

    今回は「1日におやつは、どれくらい食べても良いか」を、お伝えします。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    一日量はこれくらい

     

    手ばかり

     

    手ばかり栄養法では、一日のおやつは「片手にのる」程度が基準です。

    和菓子など重量があるものは片手で「OK」を作ってもらい、その輪に入るまでとなります。

    注意点は、和菓子、洋菓子、スナック菓子のどれか一種類です。

    三種類食べてもいいということではありません。

     

     

     

     

    オススメのおやつは?

     

    Q1. 和菓子と洋菓子ならどちらがいいでしょうか。

     

    A1. 和菓子がおすすめです。理由は

     

    ① 洋菓子はトランス脂肪酸を多く含んでいます。

    アメリカでは、トランス脂肪酸を多く含む油脂の使用を2018年以降、原則禁止としています。

    植物油に水素を添加したもので、マーガリンの原料などになるものです。

    これらを多く含むため、できれば和菓子をおすすめしています。

     

    脂質含有量

     

    ② 洋菓子は、乳製品、油脂を多く含むためLDLコレステロール(悪玉コレステロール)があがりやすい。特に、中高年の女性は注意が必要です。

    これらの理由により、和菓子をオススメしています。

     

    Q2.ずばり、オススメのおやつは?

     

    A2.老化予防に効果があるといわれるおやつは、次の3つです。

     

    ① ドライフルーツ

     

    ドライフルーツ

     

    鉄分とビタミンDが多く、貧血の女性にもオススメできます。

    天然素材を天日で干したものが理想です。糖類や保存料など添加物が少ないものを選びましょう。

     

     ナッツ・種子類

     

    ナッツ

    ナッツや種子は、素焼きで味付けなしの物を選びましょう。

     

    アーモンド、落花生に代表されるナッツ類には、ビタミンEが多く含まれます。

    ひまわり、かぼちゃのたね、クルミなど最近では、種類も豊富になりました。

    素焼きで、味つけしていないものを選びましょう

    油で揚げてあるものはあまりおすすめできません。

    注意としては、少々カロリーが高いため、食べ過ぎないように、片手一杯までとしてください。

     

    ③ シリアル

     

    シリアル

    シリアルは朝食だけでなく、おやつにもおススメ。

     

    はと麦、オーツ麦などを主原料としたシリアルは、朝食だけではなくおやつにもオススメです。

    雑穀は白米の四倍の食物繊維があり、腸内環境を整えるにはぴったりです。

    中でもはと麦は、他の雑穀よりたんぱく質が突出して多く、むくみ予防や美肌効果も期待できます。

    手軽なおやつとして利用するのも良いでしょう。

     

    皆さん、おやつは「心の栄養」です。

    決して食べてはいけないものではありませんし、食べていけないものもありません。

    ただ、量を守って体に良いものを召し上がっていただきたいと思います。

    おやつを食べて心が「ほっ」とする、「幸せだな」と感じる。おやつはそんな一日のご褒美なのかもしれません。

     

     

    出典

    文藝春秋「カラダにいい食事決定版 人生を変える!食の新常識」平成28年10月29日発行 栄養指導フードモデル総合サイト「フードモデルドットコム」