7月7日は「冷やし中華の日」

    特定感染症保険

     

    気温が上昇すると食べたくなるのが「冷やし中華」。

    あまり、ニガテな人がいない印象の食べ物です。

     

    「冷やし中華始めました」の看板を見ると「あ、夏が来た」と感じる人も多いのでは?

    今回は、冷やし中華についてのお話です。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

     

    7月7日は「冷やし中華の日」

     

    冷やし中華は、暑い夏の象徴的な食べ物です。

    そこで、暑さが本格的となる二十四節気の「小暑」が7月7日となることが多いため、この日が「冷やし中華の日」となりました。

     

     

     

     

     

    実はご当地食の冷やし中華

     

    冷やし中華にマヨネーズがついてくる地方とつかない地方があります。

    一般的に、福島を中心にした東北~北関東、愛知を中心にした東海、北陸などの地域で、マヨネーズをかける文化が強いといわれています。

    名古屋の甘味処「スガキヤ」がマヨネーズ冷やし中華の発祥と言われていますが、本当かどうか・・・。

    また、からしをトッピングする地方とそうでない地方もあるようです。ちなみに、ごまだれが多いのは、北海道とのことでした。

     

     

    冷やし中華の良いところ

     

    冷やし中華の良いところは、何と言っても、具だくさんなことです。

    ラーメンやうどん、そばを単品で注文するより、ビタミン、たんぱく質が豊富です。

     

    スタンダードな冷やし中華で考えてみたとき、きゅうりやトマトから摂取するビタミンと食物繊維、卵、ハムから摂取できるたんぱく質。

    たれも、酢やゴマなどが利用されているので、他の食品よりも摂取食品数が多くなります。

    お昼ごはんに迷ったときには、ぜひ冷やし中華でバランスを整えましょう。

     

     

     

     

    もし、何かを補うとしたら?

     

    単品でも他の麺類と比較して、バランスの良い冷やし中華ですが、もし、補うとしたら、「乳製品」です。

    チーズや牛乳などをデザートとして召し上がると、バランスがもっと良くなります。

    もし、自分でたれを作るのであれば、「豆乳ゴマだれ」がお勧めです。

    植物性のたんぱく質が豆乳で補強される上、ゴマからセサミンなども摂取できます。

    暑い夏には日頃から栄養バランスを整えておきたいものです。

     

    「あの日に帰りたい」

    そんなアナタにヘルスライフ。