旬の食材「アサリ」

    特定感染症保険

     

    「アサリ」は、日本各地で獲れます。

     

    特に出荷量は愛知県が最も多く、伊勢湾、三河湾という豊かな海で育った稚貝は、

    1~2年で成貝になります。

     

    今回は「アサリ」についてです。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

     

    アサリの語源

     

    「漁る」から「あさり」に転訛したものと言われています。

    その昔、海辺に行くと手軽に漁り取ることができたためとのことですが、最近は、乱獲や埋め立てにより漁獲量が減少しています。

    また、海辺の浅い場所にいるので「浅いところにいる貝」の意味があるといわれています。

     

     

     

     

    アサリの旬

     

    アサリの旬は、年に二度あります。

    アサリは海水の温度が20度前後になる春と秋に産卵をします。

    そのころのアサリは非常にうまみが強く、クセがなく、熱を通しても硬くならないと言われています。

    寒い時期は、身が痩せています。

     

     

    アサリの栄養

     

    肝機能を強化してくれる成分が豊富で、二日酔い防止に向いています。

    血中コレステロールの低下、貧血予防、肝機能低下の予防にも効果があります。

    貧血を予防する鉄分、銅、ビタミン12が多く、骨粗鬆症を防ぐカルシウム、味覚障害を予防する亜鉛なども豊富に含んでいます。

     

     

    おいしいアサリの選び方

     

    アサリ

     

    アサリの選び方は、模様のハッキリした、口をしっかり閉じている物を選びましょう。

    何といっても、アサリは鮮度が命です。

    おいしくいただくためには、早めに食べることが一番です。

     

     

     

     

    おいしく召し上がるには

     

    汁物が一番です。

    汁物にすれば溶け出した栄養分もそのままいただけます。

    大粒のアサリであれば、酒蒸しにして栄養分を丸ごと飲み干せます。

    また、鉄分が多いので、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップします。

     

    アサリ料理

     

    春の訪れを感じるアサリ料理。

    和食だけでなく、ボンゴレやチャウダーなど洋食にもよく合います。

    店頭には、砂だしアサリも豊富に揃っているので、手軽にアサリ料理にチャレンジできそうですね。

     

     

    参考 

    高橋書店 あたらしい栄養学

    市場魚介類図鑑 アサリ

    旬の食材百科 アサリ

     

    血液検査でわかります。

    あなたが何をどれだけ食べていたのか。

    健診結果の変化は記録をしなきゃわからない。

    血液検査を記録しよう。