トウモロコシ

    特定感染症保険

     

    今日は、夏に食べたい野菜ランキングでトップ。

    とうもろこしについてです。

     

     

    とうもろこしの歴史

     

    とうもろこしの名は、唐から来たもろこし(きび)が由来です。

    もともとメキシコやアメリカを中心に栽培されている野菜です。

    栽培の歴史は古く、古代文明にまでさかのぼります。

    日本にわたってきたのは16世紀ごろ、ポルトガル人によって長崎に伝えられたといわれています。

    食用のスイートコーン種はみずみずしく甘みが強いタイプです。

    栄養価が高く主食がわりにもなる野菜です。

    日本での主な産地は北海道です。

     

     

     

     

    とうもろこし栄養のポイント

     

    とうもろこしの旬は7月から8月です。

    とうもろこしは、米、麦に並ぶ世界三大穀物で、野菜の中ではカロリーは高めで糖質が主成分で、エネルギーの補給源となります。

    胚芽部分にはビタミンB群を豊富に含み、ビタミンEやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどをバランスよく含む栄養価の高い野菜です。

    また粒の皮は、セルロースという不溶性の食物繊維でできています。

    とうもろこしにはアミノ酸含有量が多いのも特徴のひとつ。

    疲労回復に即効性のあるアスパラギン酸、うまみ成分のグルタミン酸、脂肪燃焼を助けるアラニンなどが含まれています。

    夏バテ解消にもオススメできる野菜です。

     

     

    おいしいとうもろこしの選び方

     

    ひげの多いトウモロコシ
    「ひげ」の多いものは粒も多い。実が先端まで詰まったものを選びましょう。

     

    皮付きの場合、皮は緑が濃く、先端のひげは褐色あるいは黒褐色のものが完熟しています。

    また、ひげは1本1本粒とつながっているので、ひげが多いものほど粒が多いものにあたります。

    実が先までぎっしりと詰まっておりすき間のないもの、粒が大きくふっくらしていてそろっているものが良品です。

    皮の上からそっと触ってみて、粒がそろっているもの、ぷっくりとして少し重みがあるものがみずみずしくオススメです。

     

     

     

     

    おいしいとうもろこしの茹で方

     

    茹でるトウモロコシ
    たっぷりのお湯で茹でると自然にクルクル回ります。

     

    とうもろこしを茹でる時、水から茹でますか?それとも、お湯から茹でますか?

    北海道の農家さんに多いのは、「水から茹でる」。

    しゃっきりとした食感が楽しめます。

    かえって、お湯から茹でる場合には、しっとりとしたおいしさが味わえます。

    塩の有り無しでも味が変わりますので、お好みで茹でてもよいでしょう。

    どちらも、一気に大量の湯量で茹でることが重要ですので、火力には十分注意してください。

    また、茹で時間は10分~12分ほどが良いでしょう。  

     

    夏に欠かせない野菜のとうもろこし。

    子供も大人も大好きです。

    食欲がない夏バテ時にも、スイーツのように甘いとうもろこしで十分な栄養補給ができそうですね。

     

     

    出典

    KAGOME「ベジデイ」

    Kewpie 「とっておきレシピ」

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    カラダにいいものはココロにもいい。

    毎日の食事を大切に。食べたら、運動。歩数確認はヘルスライフで。