らっきょう

    特定感染症保険

     

     

    らっきょうはどこから来た?

     

    らっきょうは、ユリ科ネギ属の多年草で、中国が原産と言われています。

    秋に淡い紫色の可憐な花を付け、年を越した初夏に葉の根元(葉鞘基部(ようしょうきぶ))が肥大して、日ごろ私たちが食べる長卵型のらっきょうになります。

    食べ方は、甘酢漬けなどの漬物が最もポピュラーですが、肉や野菜と一緒に炒めたり、かき揚げや天ぷら、また、薬味としても利用されています。

     

    らっきょうの花 

     

     

     

     

    どこで作られているの?

     

    国内のらっきょうの作付面積は約830ha、出荷量は約1.1万t(平成26年産)で、その約6割強を鹿児島県、鳥取県及び宮崎県の3県で占めています。

    らっきょうは、分球(ぶんきゅう)と言って時が経つにつれて、種球が分かれていきます。

    このため三里浜砂丘地の「三年子」は小粒になりますが、その分、実が締まって、シャキシャキとした歯切れの良さがあります。

    なお、収穫されたらっきょうは、主に甘酢漬けに加工され、『花らっきょ』の商品名で販売されています。

     

     

    らっきょうの栄養

     

    らっきょう

     

    古くは薬として利用されていたらっきょうには、健胃、整腸、食欲増進などの作用があると言われています。

    栄養成分としては、糖質を多く含むほか、水溶性の食物繊維を多く含んでいます。

    この食物繊維は、血糖や血清コレステロールの上昇を抑え、糖尿病や脂質異常症(高脂血症)の予防に効果があります。

    また、コラーゲンの合成に不可欠で、美肌効果があるビタミンCや、糖質をエネルギーに変える際に活躍するナイアシンを含んでいます。

     

     

     

     

    おいしく召し上がるには?

     

    エシャロット

     

    らっきょうの株元に土を寄せて、白くて柔らかくなるように栽培し、若いうちに収穫したものが「エシャレット(エシャロット)」です。

    一般的ならっきょうほど香りやクセが強くなく、沖縄の島らっきょうと同じように、生のまま食べることができます。

    定番の食べ方は、生のまま味噌などを付けて“まるごと”。酒の肴(さかな)にピッタリです。

    また、炒めると芋のようなホクホクした食感に変化します。バター醤油炒めやホイル焼きなどもおすすめです。

     

    カレーのお供に甘酢漬けもおいしいですが、もともとが根っこで、イモのようなものなので、てんぷら、ホイル焼きなど過熱して、ホクホク食べるのがおいしいようです。

     

     

    出典

    北陸農政局Webサイト 今月の園芸特産作物:7月 らっきょう 

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    カラダにいいものはココロにもいい。

    毎日の食事を大切に。

    食べたら、運動。

    歩数確認はヘルスライフで。