ハモ

    特定感染症保険

     

    夏の暑い日が続くと、さっぱりとした冷たいメニューにそそられます。

    そんな時の代表メニュー「ハモ」。夏に出回り、京都の祇園祭りのイメージのある食材です。

     

     

    ハモの旬

     

    ハモ祭り
    祇園の祭りの別称は「ハモ祭り」

     

    四国や、兵庫県などの瀬戸内、西日本の海でよく獲れるハモ。

    ハモの旬は夏のイメージがある方が多いかもしれませんが、実は年に2回あります。

    さっぱりとした味で7月~9月がピークの「夏ハモ」と、産卵後に食欲が増し、脂ののった「冬ハモ」です。

     

     

     

     

    ハモの栄養

     

    ハモ

     

    強い生命力があり、海から京都への運搬に耐えました。

    ハモはウナギと同じ仲間で、ウナギに比べると脂は少ないものの、白身の魚の中では脂身が多く旨味もあり、栄養価はとても高いです。

     

    ハモは主にたんぱく質が多く、ビタミン類も豊富です。特に多いのが、ビタミンD・ビタミンB12・ナイアシンです。

    中でもビタミンDは、ハモに特に多い栄養素で、カルシウムの吸収を助けて、丈夫な骨を作ります。

    ビタミンDが不足すると、高齢者では骨粗鬆症の発症につながることがあります。

    ハモ一切れで一日のビタミンDの必要量を摂ることができます。  

     

    珍しいところでは、ハモの皮には、コンドロイチン硫酸という成分が多く含まれています。

    この成分は、肌の保湿や水分調整に働くため、これらの作用で、美肌効果があると言われています。

    さらに、コンドロイチン硫酸は、医薬品としても利用されており、関節痛や五十肩、眼角膜の保護に効果があるとされています。

     

     

    魅力的な強い生命力

     

    ハモは、うかつに手を近づけるのは危険と言われるどう猛な魚で、頭を落とした後でも身がピクピクしています。

    暑い夏でも、生き抜ける強い生命力があるので、活きの良い状態を長く保つことができます。

    皮の栄養価も高く、骨ごと食べられることもあり、滋養強壮に良い食材として重宝されるようになりました。

     

     

     

     

    おいしく食す

     

    刺身

     

    淡白で上品な白身には梅肉和えによく合います。

    ハモは、比較的臭みが強いため刺身で食べることはなく、熱湯に通したものを酢味噌や梅肉で食べることが多いですが、

    味がたんぱくなため、お吸い物や、お寿司、天ぷら、唐揚げなど様々な料理に向いています。  

     

    暑い夏は、骨きりをして湯引きにしたハモに梅肉ソースをかける、野菜と一緒に酢の物などにして召し上がるとよいでしょう。  

    酢や梅のもつクエン酸は疲労回復の効果があります。

     

    また、さっぱりとした身からは上質な脂質であるn-3系脂肪酸を摂取できるため、体調管理にも効果が期待できます。

    ウナギと並んで夏の風物詩であるハモですが、ウナギと比べると低カロリーで脂身も少なく、さっぱりしているので食べやすい魚ではないでしょうか。

    また、滋養強壮によいと言われているほど栄養価が高いので、夏バテしやすい暑い時期には特におすすめです。

     

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。