夏野菜

    特定感染症保険

     

    先日ランチを食べたところ、とても彩鮮やかなお料理が出てきました。

    夏には鮮やかな色合いの野菜が多くなります。

    そして色鮮やかな夏野菜は、夏を乗り切る為に最適な栄養を含んでいます。

    今回は夏に役立つ「夏野菜」のお話です。

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

     

    夏野菜はお役立ち

     

    夏野菜は、「きゅうり」「トマト」「なす」「ピーマン」「にがうり(ゴーヤ)」など表面の色が鮮やかな物が多く、

    紫外線による酸化作用をはねのけるポリフェノール類やカロチノイド、ビタミンCやEなどが多く含まれています。

     

    夏の暑さによる脱水や紫外線によるダメージを軽減するために、植物自身が行っている自主防衛策のようです。

    そんな野菜の働きを利用させてもらいましょう。

     

     

     

     

    夏野菜に含まれる「カリウム」

     

    暑さに対応するためには、上昇する体温を調節することが大切です。

    日本の夏は湿度が高いために食欲が落ち、体からは何となくじわっとした嫌な汗が湧き出て、体がむくんだようなだるさを感じることもあるでしょう。

    このような場合はカリウムを補い、余分なナトリウムを排泄し、便秘を解消して代謝を助けることが大切です。

    カリウムは体の水分を排泄し、むくみ予防、塩分排泄にも役立ちます。

    夏野菜には、たっぷりと入っているので毎回の食事で補いましょう。

     

     

     

     

    人間の体は、食べたもので出来ている。

     

    人間の体は、食べたものから出来ています。

    もし「調子が悪いな」と感じたら、日常の食事内容を振り返って見ましょう。

     毎食 野菜を片手に一杯ぐらいは食べている

    ② 調味料はあまりかけない

    ③ 炭水化物は全体量の半分くらい

    ④ 一回の食事の中でたんぱく質が重なっていない

    ⑤ 一日に握りこぶし1個くらいの果物を摂取している

     

    皆さん「YES」がいくつありましたか?上の質問は、食事の量と質を整えるための質問です。

    「YES」は多いほどよく、1つもなかった人は、今日から食生活習慣を見直しましょう。

     

    ポリフェノール

     

     

    出典

    農畜産業振興機構HP「夏野菜の効能について~夏場の体調管理に夏野菜を!

    女子栄養大学 栄養クリニック 准教授 蒲池 桂子

     

    一駅手前で歩いてみよう!歩数管理はヘルスライフで!