きのこ

    特定感染症保険

     

    秋と言えば・・・

     

    秋といえばきのこ、その需要は10月がピークだそうです。

    そこで、日本特用林産振興会が1995(平成7)年に10月の真ん中である15日を記念日にしました。

    椎茸をはじめ、今が旬のキノコを宣伝し、おいしいうちにどんどん賞味してもらおうというのが狙いです。

     

    10月はきのこが最も多く取り扱われる月であり、天然のきのこも多く採れる月で、きのこ狩り、紅葉狩りなど山の幸を実感できる月でもあります。

     

    きのこの日ポスター

    日本特用林産振興会ポスター

     

     

     

     

    キノコの栄養

     

    食物繊維、ビタミンB類、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、抗酸化性成分など、きのこ類にはたくさんの健康成分が含まれています。

    例えば、シイタケに含まれるレンチオニンとグアニル酸には、血液に含まれる成分の一つである血小板の凝集(血小板どうしが集まって塊になること)を抑える作用があり、血液をサラサラにする効果が期待されています。

     

    また、食用きのこ類にはβ-グルカンと呼ばれる多糖類が含まれています。

    β-グルカンは食物繊維の一種ですが、免疫力を高め、アレルギーの予防や改善効果があると考えられています。

    (きのこ百科 日本きのこセンターHP より引用)

     

     

    おいしいきのこの選び方と保存の仕方

     

    干しシイタケ

     

    冬に育成した風味や食感の優れたしいたけを原料とする「冬菇(どんこ)」。良質な乾しいたけは肉厚でカサの裏が鮮やかなやまぶき色です。

     

    きのこは、全体的にハリがあり、湿り気が少ないものがよいでしょう。石づきをおとし、汚れを払っていったん冷凍するとうまみがアップします。

    調理にそのまま利用できるので、安いときに購入し、冷凍するのがよいでしょう。

     

     

     

     

    おいしい召し上がり方

     

    キノコの特徴は、香りと食感です。加熱をすると香りが強くなるため、単純にグリルするのが一番。

    ホイル焼きかトースターの加熱皿に並べてグリルしましょう。

     

    コツは焼きすぎないこと。香りがでてきたら食べごろです。色々な種類のキノコを一緒に焼いて「利きキノコ」も楽しいでしょう。

    味付けは、シンプルに、カボスなどのかんきつ系がさっぱりとしてオススメです。

    付け合わせは、消化酵素たっぷりの大根おろしをあわせて。

     

     

    出典

    農林水産省 aff2016.10 

    HOKTO きのこらぼ

     

    監修者情報

    佐藤祐造 []

    名古屋大学名誉教授・健康評価施設査定理事長

    内科医、医学博士。名古屋大学大学院医学研究科修了。専門は内科・糖尿病学・スポーツ医学など。日本糖尿病学会理事、日本臨床スポーツ医学会会長、日本肥満学会会長などを歴任。著書に『糖尿病教室』(新興医学出版)ほか。

     

    毎日が記念日。今日は何の日?ヘルス×ライフは、保健師だよりで心の栄養もお届けします。