男性はどこまで生理・PMSを知っている?理解度調査の結果をまとめてみました!

 

近年、女性の健康に対する

社会的な関心が高まってきましたね。

 

それにともなって

男性にも、女性の健康問題への

知識や理解が求められるようになりました。

 

これまでタブー視されてきたものなので

パートナーに話しにくい…と思うことや

どう説明したらいいか分からない…という方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで、一般的に男性が

どのくらい生理やPMSについて理解しているのか、

どう思っている可能性があるのか、

まとめてみました!

 

 

紹介するアンケート結果について

 

まず、今回まとめた調査結果について。

 

今回の調査は

・ルナルナが行った「生理に関する男性の意識調査」

・株式会社PLAN-Bが行った「男性への生理に関する理解度調査」

この2社の調査結果をまとめています。

 

ルナルナ(リンク先はPR TIMES

株式会社PLAN-B

 

 

 

結果まとめ① 生理について

 

Q.あなたは生理が起こる仕組みについて、

どの程度理解していますか?

 

この質問に関する、男性の回答結果は

以下のようになったそうです。(ルナルナ調べ:n=300

 

およそ6割以上の男性が

理解しているという結果になりました。

 

中学・高校の保健体育の授業でも

生理の仕組みについて学習する機会が

設けられているので、その効果もあるかもしれませんね。

 

6割以上の男性が生理のしくみについて理解している」

という結果は、以下の質問から得られた回答結果にも

表れていると言えるのではないでしょうか?

 

 

Q.一般的に、生理はどの程度の頻度で

 起こると思いますか?

 

この質問に関する、男性の回答結果は

以下のようになったそうです。(PLAN-B調べ:n=581

 

 

一般的に、生理が月に一度というのは

多くの男性が理解していると言えそうです。

 

 

またルナルナの調査結果によると、

ライフステージ別で、男性の生理に関する理解には

差があるという可能性が示唆されていました。

 

というのも、

「未婚でパートナーがいない男性」よりも

 「未婚でパートナーがいる男性」の方が理解度は高かった

 

既婚男性でも、最も理解度が高いのは「子どもを希望している人」

 次いで「子どもがいる人」、「避妊希望の人」の順で理解度が高い

 

このような結果になったようです。

 

とはいえ、これら調査で対象となった男性の年齢などは

明らかにされていないので、 

一概に「男性全体がこう!」とは言いにくいと思います。

 

 

Q.生理の症状について知っているものをすべて

 選択してください

 

この質問では、

男性にもっとも理解されていた

生理の症状は「イライラする」であることが

明らかになっています。(PLAN-B調べ)

 

 

この結果から考えられることとして、

「女性は生理によって、精神的にも身体的にも不調が出ることを男性も認知している」

と言えそうです。

 

しかし、この「認知している」が

どれくらい「認知している」のかは明らかにされていませんでした。

なので、「すごく詳しいわけじゃないけど、聞いたことはあるらしい」くらいに

捉えてもらえると良いのかな?と思います。

 

個人的には、出血や腹痛よりも

「イライラする」が上位にあがっていたことに驚きました!

 

もしかしたら

多くの女性が、腹痛や腰痛など

不調があってもパートナーには伝えず、

 

だけど、どうしてもイライラして

パートナーに当たってしまっている…

 

その状態を、多くのパートナーの方が

感じ取っているのかもしれませんね。

 

したがって、腹痛などの

女性としては「当たり前」な不調よりも、

 

「イライラする」という感情、精神的な不調が

男性の中では上位になったと推察できそうです。

 

 

 

結果まとめ②PMSについて

 

では、生理開始の3~10日前くらいから

肌荒れや憂鬱な気分になるなどの不調をもたらす

PMS(月経前症候群)については

男性はどのくらい理解しているのでしょうか?

 

生理に関する質問と同様に

PMSについても、ルナルナが調査を行うと

以下のことが明らかになっています。

 

Q.PMS(月経前症候群)」に対して

 どの程度理解していますか?

 

 

PMSに関する理解については

生理に関する理解よりも、低いということが言えそうです。

 

PMSの症状や辛さは、

同じ女性でも理解できる部分と

「そんなに酷いの?!」と感じる部分とがありますよね。

 

人それぞれ異なっていて、多様な症状が現れるPMSは、

実際に体感することのない男性にとっては、

理解がより一層難しいのかもしれません。

 

また、PMSという疾患名は1953年に発表されました。

 

そこから「PMS」という症状に対する

様々な研究が行われたことで

生理前のイライラや、腰痛といった症状を

PMS」と語ることができるようになったと推察できます。

 

したがって、このようなPMSの歴史的側面から考えても

「生理よりもPMSの理解度が低い」という実態は

妥当なのかもしれません。

 

では、男性側は生理やPMSについて

どれくらい「知りたい」と思っているのでしょうか?

 

 

 

結果まとめ③男性は生理やPMSを知りたい?

 

Q.パートナーの生理周期や

生理の症状について知りたいですか?

PLAN-B調べ)

 

 

6割近い男性が、パートナーの生理について

知りたい!と思っているという結果になりました。 

 

これは、生理やPMSに関する話題を

オープンにしよう!という

近年の社会的風潮を受けての結果かもしれません。

 

「パートナーの生理周期を知りたい」と

解答した男性は、例えば…

 

・気遣いやサポートのため

・こちらの心構えのため

・二人のことだから知っておきたい

・イライラさせること、喧嘩を防ぐため

・性行為のタイミングとして

・予定を組む参考にするため

 

といった理由で知っておきたいようです。

 

一方で、「知りたくない」「どちらとも言えない」と

回答した男性は、

 

・パートナーが知られたくないと思っているかも

しれないから

・パートナーが嫌がるから

・あえて聞かなくてもいい

・あまりに詳しいと変に思われそう

・結婚してからで十分だと思う

・知っていても何もできない

・聞きにくい

・生々しい、気持ち悪い

 

生理もPMSもデリケートな内容であるため、

詳しく知りすぎるのも気が引ける…

このような理由があるのだと思います。

 

 

 

 

おわりに

 

2つの調査の結果から、

生理やPMSに関する男性の理解度には

差があるということが分かりました!

 

特にルナルナの調査から明らかになったように、

男性のライフステージによって

理解の差が顕著に表れる可能性が示唆されます。

 

生理やPMSをはじめとした

女性の健康問題に関する話題について、

理解しておきたいと考える方も想像より多いのかもしれませんね。

 

もしも生理についてパートナーに伝えたい!と考えるのであれば

パートナーが知りたいのか、知りたくないのか

まずはきちんと知る必要がありそうです。

 

 

 

【この記事を読んだ方におすすめ】

ホルモンのはたらきから考える!月経のメカニズム

ホルモンバランスがいい方が悪化しやすい?PMSの仕組みを解説!

 

【参照】

女性の健康推進室「ヘルスケアラボ」

ランドリーボックス「生理痛やPMS。夫の理解を得るために伝えた10の項目」

厚生労働省 働く女性の健康応援サイト「月経について」