コーヒーを飲む人の方が死亡率は低い!健康のためには1日何杯飲めばいい?

コーヒー

コーヒーは健康にいいのか悪いのか、さまざまな議論が飛び交っていますよね。

コーヒーの身体への影響を知り、有意義なコーヒーブレイクにしていきましょう。

 

 

コーヒーを飲むと死亡率が低下する?

コーヒーの摂取量と死亡率・死因に関しての研究があります。

 

40~69歳までの男女9万人20年に渡って追跡すると、

コーヒーを1日3~4杯飲む人死亡率がもっとも低く

まったくコーヒーを飲まない人よりも24%低いという結果でした。

 

 

コーヒーの摂取量と死因を調べると、心疾患・脳血管疾患・呼吸器疾患は、

コーヒーを飲む量が増えるほど死亡率が低下する傾向にあったそうです。

 

がんでは、コーヒーの量と死亡率には関係がなかったと報告されています。

 

 

ただし、1日に5杯以上では死亡率の低下がみられなかったり、

むしろ心疾患は増加したりという結果でした。

 

 

この研究からわかることとして、

 

▼コーヒーをまったく飲まない人よりも、飲んだ人の方が死亡率は低い

▼一番死亡率が低いのは1日に3~4杯飲んでいた人

1日に5杯以上では死亡率が上昇する疾患もある

 

ということになります。

 

 

飲みすぎが体に悪そうだということは何となくわかりますが、

まったく飲まない人の方が死亡率は高くなるというのは少し驚きです。

 

コーヒーがお好きであれば、ライフスタイルに合わせて

1日に3~4杯飲めるようにしていくといいですね。

 

 

コーヒーを飲むと他にもいいことが!

 

コーヒーの身体に嬉しい効果について2つご紹介します。

 

 

1つ目は、コーヒーに含まれている「クロロゲン酸」の効果です。

 

クロロゲン酸とはポリフェノールの一種で、

コーヒーの色や苦味、香りのもとになっています。

 

 

コーヒーと言えば「カフェイン」というイメージが強いと思いますが、

実はカフェインよりもクロロゲン酸などの

ポリフェノールの含有量の方が多いのです。

 

 

ポリフェノールの主な作用は

 

▼抗酸化作用

▼血圧の調整

▼血糖値の改善

▼脂質の代謝の調整

 

などさまざまです。

 

 

コーヒー1杯(140cc)には約280㎎のポリフェノールが含まれており、

これは赤ワインとほぼ変わらない量で、緑茶の2倍に相当するそうです!

 

今後は、コーヒーと言えばポリフェノール!と

連想される時代になってくるかもしれません。

 

 

コーヒーの身体に嬉しい効果の2つ目は、「カフェイン」です。

 

 

カフェインには覚醒作用があるため、コーヒーを飲むと

目が覚めて頭がしゃきっとした感じになりますよね。

 

他にも交感神経を刺激して体脂肪の燃焼を促したり

尿の排出を促したりする効果もあります。

 

 

カフェインの主な作用は

 

▼覚醒作用

▼血管拡張作用

▼交感神経刺激

▼胃酸分泌促進

 

などです。

 

 

カフェインは飲んでから30分後に一番効果を発揮すると言われています。

 

例えば昼食後すぐにコーヒーを飲むと、眠くなりがちな

午後1~2時を快適に過ごすことができるかもしれませんね。

 

 

コーヒーを飲むときに注意した方がいいことは?

 

コーヒーは1日3~4杯なら死亡率を低下させる可能性があります。

 

しかし、大量に飲みすぎるとカフェインを過剰に摂取することになり

健康を害する危険性があります。

 

 

カフェインの過剰摂取の影響として

 

▼めまい、心拍数の増加

▼興奮、震え

▼不眠、不安

▼下痢、吐き気、嘔吐

▼胎児の発育阻害(妊婦さんの過剰摂取)

 

が報告されています

 

 

カフェインはコーヒー以外にも緑茶や紅茶などに含まれていますが、

コーヒーはそれらの飲み物の約2倍の含有量だと考えられています。

 

 

以上を踏まえて、WHOは妊婦さんに対し、

コーヒーは1日に3~4杯までにするよう呼び掛けています。

 

カナダやヨーロッパのカフェインに関する注意喚起をまとめると、

健康な大人はカフェインを1日に400㎎(カップ3杯程度)まで

妊婦さんや授乳中の方は1日に200㎎(カップ2杯程度)までが推奨されています。

 

 

飲みすぎには注意して、コーヒーとともに楽しい毎日を送ってくださいね!

 

 

【この記事を読んだあなたにおすすめ】

コロナにも効く?身体に嬉しいお茶の効果

ノロウイルスと新型コロナウイルスによる下痢の違いとは?

仕事中やお家でも簡単に!むくみとさよならするコツ5つ!

 

 

【参照】

農林水産省 カフェインの過剰摂取について

厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~

国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ

全日本コーヒー協会 コーヒー図書館